ネットビジネス初心者向け情報

初心者向けにワードプレスの操作方法やネットビジネス情報を配信しています!

ブログの作り方

超初心者のためのブログの作り方【WordPressの使い方】(第2回)

投稿日:

前回の第1回ではサーバーを契約してドメインを取るまでを説明しました。

無事にWordPressをインストール出来ましたでしょうか?

私が出来たので、恐らく皆さん無事にインストール出来ていると思いますので、今回は最初にWordPressの初期設定を解説します。

ワードプレスを設定しよう

 

画面の左側に「ダッシュボード」と言うのがあります。

そこに「設定」という項目があるので、それをクリックしてください!

すると一般設定・投稿設定・表示設定などの設定項目があるので、それぞれ設定しましょう。

 

◆一般設定

サイトのタイトルを決めて、入力してください。

タイトルは一度決めると、あまり変えないほうがいいと言われています。

サイトの内容がわかるものが望ましくSEO対策も意識してサイトのキーワードも含めるといいでしょう!

 ※SEO対策とは・・・

Search Engine Optimization の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。GoogleやYahooなどの検索エンジン(検索サイト)で、特定のキーワードで検索した際に上位に表示されるために行う対策のことです

今の段階ではSEO対策と言われても、恐らくチンプンカンプンだと思います。

それで構いません。品定めをする管理職の男性

一昔前は、専門業者が有料で色々検索上位に表示させるようなサービスがあったり、被リンクをどんどん送って、如何にも沢山の人から支持を受けているサイトに見せかけたりする等の方法をとっていたようです。

しかし、今は以前と違ってSEO対策を無理に意識しなくても大丈夫です。

WordPressの無料テーマにも既にSEO対策がされているものがあったりします。

(参考無料テーマ;スティンガー8)

「ブログ用 イラスト 無料 ワードプレスのSEO無料テーマ」の画像検索結果

 

また、Google自体のサイト上位への表示選択自体が、以前とは変わっていますので、後々に理解すればOKです。

私のメンターから教わったSEO対策は以下の通りです。

サイト作りに必要なのは、「サイトに愛情があること!」それが一番のSEO対策です。

そう教わりました。

 

つまり愛情とは、自分のサイトを訪問してくれる方の気持ちや、社会の役に立つことを意識して取り組む事です。

そうすればSEO対策は無意識に自然と出来上っていくそうです。

リピートアフタミー!!

小手先のテクニックを覚えるよりも、まずは愛情をもってサイトを作り上げる。

これがSEO対策・・・深いですね。

 

次にキャッチフレーズを決めて入力してください。

(簡単なサイトの説明などを記入します。)

 

サイトタイトルほど、SEO対策は意識しなくてもいいようです。

でもキーワードは入れておいた方が、いいかもしれません。

 

メールアドレス、日付や時刻、サイト言語、タイムゾーンなど・・・

それぞれ各項目を確認してチェックします。

一番したの変更を保存ボタンをクリックして保存。

 

◆投稿設定

 

投稿用カテゴリーの初期設定

よく使うカテゴリーを設定しておけば、投稿するときに、イチイチ変更しなくて済みます。

 

デフォルトの投稿フォーマット

初期設定の投稿仕様のことです。

標準でいいと思います。

(私はわかりませんので、標準にしてます)

 

メールでの投稿

レンタルサーバー側で、メールサーバーとログイン名は指定されていますのでパスワードだけ設定してください。

終ったら変更を保存クリックで保存

 

◆表示設定 

各項目をチェックして保存してください。

テンプレートなどに応じて変更してみてください。

 

◆ディスカッション設定

投稿の初期設定、コメントの設定、自分宛てのメール通知、コメントに関する各種設定、アバター設定などですが、最初解らなければ、初期値の設定でいいと思います。

私も特にはいじっていません。

 

◆メディア

画像や写真のデータを取り込むときの指定です。

ここも特に初期値で構わないと思います。

ここを設定することで、表示される画像の大きさを、揃えることが出来ます。

 

◆パーマリンク設定

パーマリンクとは、Webページの中の個別のコンテンツ(情報の内容)に対して設けられたURLのことです。

わからなければ、基本若しくは数字表示で設定していいと思います。

WordPressでもデフォルト(初期値)で設定されているのですが、実はそのままだと理想的なパーマリンクとは言えないらしいです。

 

パーマリンクの構造は下記のとおり

http://トップレベルドメイン/カテゴリー名/投稿名(英数字)

要はページの内容が予測がつくように設定することです。

例えば http://ben.xsrv.jp/website/word123とした場合

BENのサイトのウェブサイトのワードに関する投稿のようなイメージです。

まぁ最初はわからなくてもいいと思います。

 

ただ日本語だと、404エラーとか%E3%81%93%E3%82%93%E3みたいなヘンテコな英数字なって表示されます。

見たことありませんか?俗に言う「文字化け」等です。

日本語を別の信号にコード変更した場合に(エンコード変更と言います)このような表示になってしまうこともあるそうで、内容は分からないし、やたら長くて見ずらくなるので、いずれ少しづつ慣れてきたら、覚えて変更するようにしましょう。

 

ワードプレスを使ってみよう(テンプレートの設定)

次にサイトのテンプレートを決めましょう。

ワードプレスには有料のものから無料のものまで、沢山のテンプレートがあります。

私は最初は無料テンプレートで充分だと思います。

知識が豊富で、使いこなせる方は有料のものを使われてもいいと思いますが初心者のうちは、無料のテンプレートでも十分すぎるぐらいです。

人もサイトも見た目じゃない、大切なのは中身です。

声を荒らげる若いセミナー講師

ワードプレスのダッシュボードの「外観」クリック⇒「テーマ」クリック

すると、何個かテーマが入っています。

上のほうにある、新規追加というボタンをクリックすると、いろんなテーマが出てきます。

人気や注目、最新のものといったカテゴリーでも検索できます。

気になるテーマにマウスのカーソルを合わせると、ライブプレビューをクリックすれば、全体のイメージが表示されますので、イメージしやすくなります。

自分好みのテーマを選んで、決まれば有効化をクリックします。

サイト表示をしてみて確認してみてください。

文字の大きさや表示されるイメージが微妙に違う場合もありますが、何せ無料ですから文句はご法度です。

今日はその予定キャンセルでお願いします。(グリーンバック)

【以下説明を追記します。】

テンプレートのカスタムをしたい場合は、HTMLタグやCSSの知識が必要になります。

あいにく、私はそのような高度な知識は、持ち合わせておりませんので、ご了承願います。

HTMLは文字を表記する文書構造で、CSSの役割はサイトの「スタイル」を決定し、デザインやレイアウトなどの「見た目」に関する指定をする。

ということだけ理解しておけばいいでしょう。

WEBサイト=HTML(文書構造)+CSS(スタイル構成)です。

HTMLとは、「HyperText Markup Language」の略で、Webページを作成する時に使用される言語の一つです。

HTMLを使用して文書を作成することで、文書の構造を明確にし文書の中に画像や動画などを配置することができます。

CSSとは、 「Cascading Style Sheets」の略で、Webページのスタイルを指定するための言語です。

HTMLもCSSもプログラミングの言語で、ワードプレスの表示をカスタマイズする場合などには、その知識が必要になってきます。

自分で言うのも何ですが、書いてるだけで頭痛くなりそうな内容ですw

 

ワードプレスを使ってみよう(プラグインの設定)

次にプラグインを設定しましょう。

???プラグイン???

最初は何のことか?サッパリ意味不明です。電源?差し込み?って思いましたw

プラグインとは、アプリケーションの機能を拡張するための、追加プログラムのことです。

作業の目的に応じて使うソフトウェアの機能を拡張させるため追加機能です。

WordPressには「プラグイン」機能があります。

追加インストールでサイトに様々な機能を持たせる事が出来ます。

 

例えば「お問い合わせフォーム」などのプログラムが、簡単にインストール出来ます。

メールマガジンやイベントカレンダーとかのプラグインもあるようです。

今は必要ないので詳しくはわかりませんが、便利そうですよね。

 

どんなプラグインが必要?

入れておくと便利なプラグインの一例を挙げます。

リピートアフタミー!!

私も教えてもらって、入れているプラグインです。

AdSense Integration WP QUADS
アドセンス広告をはじめ、好きなところに広告を入れる事ができます

All In One SEO Pack
SEO対策用のプラグインです。各ページを noindex指定する事も出来ます。

Contact Form 7
お問い合わせフォームが簡単に作れます。

Edit Author Slug
ユーザー名がログインIDになっていると、セキュリティ的に問題があるので、入れておくと良いです。

EWWW Image Optimizer
画像の画質を落とさずにサイズを減らすことが出来ます。

Google XML Sitemaps
サイトマップ作成用のプラグインです

Pixabay Images
無料で著作権なしの画像を、ブログに使えます

(アイキャッチ画像などによく使います)

Best WordPress Link Tracking Plugin
簡単に転送ができます。

PuSHPress
インデックスを早めます

Slimstat Analytics
無料で使える高性能なアクセスカウンターです。

Table of Contents Plus
目次が自動的に挿入されます。

TinyMCE Advanced
文字装飾を簡単にしてくれるプラグインです

WordPress Popular Posts
サイドバーウィジェットなどに設置します。
アクセス数の多い記事から順番に並べてくれます。

やるなら、今ですよ!

どれも便利なプラグインですので、是非入れておきましょう。

極まれに、プラグインの関係でスタイルなどにエラーが出たり、正しく表示されなくこともある様ですが、私の場合は今のところ大きなトラブルは起こっていません。

プラグインの設定方法

管理画面のダッシュボードから

「プラグイン」クリック

「新規追加」をクリック

右上にあるプラグイン検索で、アップロードしたいプラグインを入れて、今すぐインストールをクリック

アップロード後に有効化をクリックします。

 

最後に・・・

2回に渡ってお送りしました「ブログを作ってみよう」いかがでしたでしょうか?

これで、ほぼサイト作りの材料は、そろったと思います。

後は実際に、記事を書いてUPしてみてください。

 

投稿の基本的な操作は、ダッシュボードから各々の項目へ行けますので、手順としては、他の設定と要領は同じですので、実際にやってみましょう。

後は、習うより慣れろです。

ワードプレスでは、プラグインの互換性の問題等、色々やってるうちにトラブルとか不具合が出てくると思います。

決裁権が誰にもない

私も、画像が表示されない、スタイルが崩れる、警告エラーが出る、色や文字が変更されない等いろいろありました。

また、ネット用語にも随分苦しみました。

横文字なのか?

略文字なのか?

とにかく意味が分からない?

当然内容も分からない?

でもインターネットには、検索すれば沢山の情報があります。

今はトラブル対処方法も、優秀な方々が沢山いてネット上にその方法をUPしてくださっています。

わからないことを調べるのも、ネットに慣れる勉強ですね。

 

 

実際にやってみて、トラブルを楽しんでみてください。

トラブルことで分かることも増えますし実際理解も深まります。

ただ、あまり深みに入り込むのもどうか?と思いますので、何でも程々が良いかと思いますよ。

 

私のような超初心者が実際にブログをUPできましたから、あなたにもゼッタイ出来ます!

 

あなたのサイトづくりのご参考になれば幸いです。

 

素敵なサイトが出来上がります様、心より応援申し上げます!

「超いいね!」

  • この記事を書いた人
TSUTOMU ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

私がブログを始めた当初、いろいろわからなかったことなどを記録し記事にしたものがメインです。初心者の方向けにワードプレスの使い方やネットビジネスに関する情報を配信しています。ご活用いただければ幸いです。

-ブログの作り方

Copyright© ネットビジネス初心者向け情報 , 2019 All Rights Reserved.