ネットビジネス初心者向け情報

初心者向けにワードプレスの操作方法やネットビジネス情報を配信しています!

ブログの作り方

超初心者のためのブログの作り方【SEO・サイトタイトル・SLL化・MFIの基礎知識】(追加)

投稿日:

 

ブログなどのサイトを立ち上げるときにSEO対策・サイトタイトルは、かなり重要ポイントになります。

最初にこれをいい加減にやってると、あとで困ったって事になりかねません。

 

最初にきちんと考えておくことが大切なので、追加知識として配信させて頂きます。

サイトを作るときは、誰のために、どんな物・情報を、何のために発信するのか?をよく考えてタイトルを決めていきましょう。

 

超初心者は、とにかく小手先のテクニックではなく、王道の手法が間違いないのです。

 

稼ごう稼ごうと変なテクニックを駆使するよりも、自分の持っているスキルや情報を誰かの役に立てるように、常に考えることが重要です。

人を騙して儲けようとするサイトは、後で必ずペナルティを受けますからね。

SEO対策サイトタイトルは、かなり重要ポイントなので、もう一度詳しく説明します。

 

SEO対策(そもそもSEOとは?)

SEO対策とはなんでしょう?

SEO対策については、一度軽く触れましたが、ネットビジネスでは非常に重要な内容になりますので、復習の意味も込めて、もう一度詳しく見ていきましょう。

詳しくと言っても、超初心者(私もです)向けですので細かいことを知る必要はありません。

SEO対策の概要だけ掴んでおきましょう。

 

SEO 対策とは(Search Engine Optimization)の略です。

検索エンジンの最適化と訳せます。

要するに、自分のサイトを検索エンジンYahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)等の上位に表示してもらう対策のことです。

 

ネットビジネスにおいては、まず自分のサイトに訪問してもらわないと何も始まりません。

これはネットでもリアルビジネスでも同じです。

自分のお店(ブログ等)にお客さんが来て、商品やサービスを見てもらわないと何も始まりません。

お客さんに沢山来てもらえるようにするには、人通りが多くて立地条件のいい場所にお店を構えたいですよね?

それと同じように、あなたの作ったサイトが、検索エンジンの上位にいれば、それだけ検索する人の目に入りやすくなりますから、お客さんが訪問してくれる可能性も一段と高くなり、商品やサービスを利用してもらえる可能性も上がります。

圧倒的に有利な位置にサイト(お店)を表示できるのです。

 

例えば、あなたは調べたいことを検索するとき、打ち込んだキーワードで表示されているページを2ページ以上調べたりしますか?

よっぽどでないと調べませんよね?

ですから、検索結果の上位にいないと、サイトへ来てもらえる可能性は、限りなく下がるという事になるというようなイメージです。

 

しかし、SEO対策の理屈はわかったとします!

では実際に、超初心者がSEO対策で具体的に何をしたらいいのか分かりますか?

 

断言します!私はわかりません!でもご安心ください。

 

 

私たちの様に、始めたばかりの初心者は、SEO対策をぼんやり理解しているぐらいで充分です。

ワードプレスのプラグインもSEO対策用があります。

テンプレートのテーマにも、SEO対策に対応しているテーマもあります。

 

GoogleもWordPressもそのあたりは十分理解されているので、頑張って真面目にサイトを作っていれば、頑張った分きちんと評価してくれる仕組みになってるそうです。

 

前回にもお話しましたが、一番大切なのは「愛情をもってサイトを作ること!」これに尽きます。

リピートアフタミー!!

 

SEO対策(ドメインエイジとページエイジの考え方)

ドメインエイジ(domain age)とは?

ドメインエイジ(ドメイン年齢)とは、ドメインが取得されてからの期間のことです。

一般的に、長く使われてきたドメインほど、検索エンジンから高く評価されるようです。

つまり、長い間WEBサイトを開設して、定期的に更新しているサイトは評価が高くなります。

 

新規ドメインでサイトを開設しても、半年くらいはアクセスがないのが普通です。

10年前はホームページを持っている人は、特殊な人というイメージがありました。

しかし、今は誰でもホームページを持てますし、HPの作成ソフトやワードプレスなどのお陰で初心者でも綺麗なサイトを作れるようになっています。

ですから、沢山のドメインが生まれています。

裏を返せば、ビジネスのライバルが増えているとも言えます。

 

あと中古ドメインって言葉を聞いたことありませんか?

これもドメインエイジの効果を狙ったSEO対策です。

中古ドメインの評価の効果を利用して、新しく作ったサイトを、検索上位に表示する方法です。

実際のどれだけの効果があるのか?

これは実際にサイトを作ってやってみないと分からないようです。

 

中古ドメインは、いろんな販売業者が販売しています。

以前の評価でドメインの価格にも、かなりの幅があります。

初心者のうちは中古ドメイン等はあまり意識せず、サイトの中身を充実する事にエネルギーを傾けるべきでしょう。

ワンクエッションいいかな?とハーフっぽく英語を織り交ぜるドイツ人ハーフ

ページエイジ(Page age)とは?

どこをググってもページエイジという言葉が出てきません。

ひょっとしてレアな情報かも知れませんね?

 

最近では、ブログの記事数ではなく、記事自体の更新頻度も重要な評価基準になっているそうです。

1000記事書いてほったらかしのサイトよりも、200記事でも毎日ひとつの記事をコツコツ更新していく方が、評価が高くなるそうです。

以前は記事の文字数が多ければ多いほど、内容に関係なく記事の評価も高かったようです。

しかし現在は、無駄で内容のない数が多いだけのサイトではなく、必要な情報が常に最新の状態になっていることが、高評価になるということです。

つまり量より質です。

やるなら、今ですよ!

ですから、サイトを立ち上げて記事が投稿できたら、それを追記したり文字を装飾したりして、全体的にまんべんなく更新することが大切です。

以前はSEO対策も、専門の業者さんにお金を支払って、検索上位にくるようにしてもらうことも、やっていたようです。

今のGoogleは、ワードプレスの構造を理解して、勝手に読み取って表示してくれているそうなので、初心者が特に何かをする必要はないようです。

Googleにある程度はお任せでOKなんですね。

 

【おまけ】

ディスクリプションとは?

ページの内容を要約した説明文(ディスクリプション)で、SEO対策の際に使われるタグです。

サイトの内容を70文字~120文字程度で簡潔にまとめて表示させます。

検索エンジンの上下にはあまり関係ないそうですが、表現を工夫することで、クリック率を改善出来たり、広告の最適化には有益な要素になるようです。

 

サイトタイトルの決め方

サイトタイトルサイト説明文は、きちんと前もって考えて、しっかりしたものを書きましょう。

最初に適当に「何でもいいやぁ~」って決めるのと、最初に後のことを考えてきちんとしたものを作るのとでは、後に大きな差が出てきてしまうそうです。

 

◆サイトタイトルと説明分の基本

・サイトの趣旨や内容がどんなものかをわかってもらう。
・SEO効果を狙う。
・タイトルは一度決めたら基本的に変えないほうが良い。
(説明文は、都度変えても大丈夫)

※タイトルを変えすぎると、SEO効果を過剰に狙っていると思われ、Googleに検索順位を下げられる可能性があるようです。

 

◆サイトタイトルによるSEO対策

・自分のサイトの核となるメインキーワード(一番検索されると思われるワード)を先頭に。

例えば、良いタイトルかどうか?は別として、次のようなタイトルを決めます。

例)中高年が始めるネットビジネス応援ブログ

ブログのキーワード例(ネットビジネス・中高年
・他にもターゲット層が興味を湧くような、キーワードを入れる。
・32文字~36文字程度が丁度いい(検索エンジンで表示される文字数)

 

◆サイト説明文でもSEO対策

・メインキーワードを先頭にもってくる。
・キーワードを入れながら、80~100文字くらいでサイト概要を書く。

 

◆いいブログのタイトルをマネする

ブログを作り始めると、いろんなサイトを見る機会も増えてきます。

その中で自分が気に入ったブログがれば、それをマネすることも必要です。

ランキング上位にきているブログなどは、やっぱり内容もさることながら、タイトルの付け方も上手いです。

どんどん参考にしてマネしてみましょう。

当然コピペはご法度ですので、速攻でペナルティを食らいますので、絶対にしなようにしましょう。

 

【追加の追加】SLL化とMFI

SLL化とは?

最近ではサイト内に、クレジットカード情報やメールアドレス等の個人情報を入力する機会が増えてきました。

これらの情報を保護するために、サイトを暗号化することをSLL化といいます。

Googleでは「SLL化しているサイトを優遇する」と公式発表していますので、初めにやっておくと良いでしょう。

 

エックスサーバーでは、ドメイン登録のときに、SLL化にチェックが入っていると思います。

また、後からでも無料独自SSLを取得することが出来ます。

サーバーパネル→ドメイン→SLL設定から申請可能です。

 

また、サーバーパネルのホームページの項目にhtaccessを編集というのがありますので、htaccessを編集するドメインを選択して、説明に従って設定を行ってください。

但し、これは上級者設定ですので、分からない場合は、エックスサーバーのサポートセンターへ問い合わせてみてください。

MFIとは?

MFIはモバイルファーストインデクスの略です。

スマートホンやタブレットで、どのように表示されるかをチェックできます。

最近ではPCよりタブレット・スマートホンで見る方も増えています。

スマートホンの表示で、文字が小さすぎたりしないように注意してください。

 

Googleは文字サイズは、16pixelを推奨しているようです。

 

中高年には老眼の方も多いので文字の大きさに注意しましょう。

 

ワードプレスなら「ダッシュボード」⇒「外観」⇒「カスタマイズ」で表示し、左下にPC・タブレット・スマートホン別に表示確認が出来るようになっています。

 

それでチェックしてみて下さいね。

 

わからなければ、自分のスマートホンで見てみましょう!

  • この記事を書いた人
TSUTOMU ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

私がブログを始めた当初、いろいろわからなかったことなどを記録し記事にしたものがメインです。初心者の方向けにワードプレスの使い方やネットビジネスに関する情報を配信しています。ご活用いただければ幸いです。

-ブログの作り方

Copyright© ネットビジネス初心者向け情報 , 2019 All Rights Reserved.