ネットビジネス初心者向け情報

初心者向けにワードプレスの操作方法やネットビジネス情報を配信しています!

ネットビジネス

ランサーズに登録してクラウドソーシングを体験してみました

投稿日:

ランサーズは、個人間や個人と法人間で仕事を取引する仕組みを提供している企業です。

仕事を依頼した企業と、仕事をしたい個人がインターネット上で個別に契約し、打ち合わせや納品までインターネット上で完結できます。

この記事ではランサーズに実際登録して仕事をしてみた体験をお話してみたいと思います。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは一旦どのようなものでしょうか?

Wikipediaでは以下のように説明されています。

クラウドソーシング(英語: crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。 このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、特定の人々に作業を委託するアウトソーシングと対比される。(Wikipediaより引用)

要は仕事を依頼したい人が、ネット上に仕事内容と対価を掲載し、その仕事をやりたい人が申し込みをして、お互いにマッチングが成立すれば仕事をするという形式です。

例えば、企業などは社員を雇わずに外注で仕事を発注できますから、経費を大幅に削減できます。

 

また、ワーカーと呼ばれる仕事を受ける側の人も、色々な事情で会社には所属できないけど、自分のライフスタイルを優先しながら仕事を出来るという利点があります。

相互にメリットがあって成立しているビジネスモデルですね。

 

クラウドソーシングの事業者選び

クラウドソーシングを提供している事業者は沢山あります。

どこに登録すればいいか?

初心者にはこの事業者選びも重要なポイントになってきます。

私も実際に全部登録しているわけではありませんので、絶対ここがいいとは断言できませんが、まず一つ実際に登録して仕事を体験してみれば、仕組みも良くわかります。

 

ちなみに私は「ランサーズ」に登録してみました。


仕事の量もかなり多いですし、選択肢は結構あります。

注意をしてほしいのが、パソコンのシステム構築やプログラミング、デザイン、ライティング等のスキルが高い人は、それなりに高収入も見込めますが、そうでない私の様な初心者には出来る仕事も限られてきます。

 

ですので当然仕事の単価も安いですから、相当量の仕事をこなさなければそれなりの金額にはなりません。

これが現実ですので、一気に月収10万円稼げる等というような甘い考えはくれぐれも厳禁です。

クラウドソーシング事業者の一例

・ランサーズ

・Sagoooワークス

・クラウドワークス

・Bizseek

・シュフティ

・ココナラ

・Shinobi

・ライティング

上記以外にも事業者は沢山ありますが「ランサーズ」と「クラウドワークス」以外の事業者は、まだまだ登録人数や仕事の求人数に違いがあります。

決して上記以外の事業者を否定するものではありません。

誤解のないようにご理解願います。

 

ただ、無名のクラウドソーシング事業者の中には、詐欺まがいの事業者もあるようで、実際に銀行口座等の登録情報が盗まれたり、仕事の報酬が支払われない等の被害も出ているようですので充分注意が必要です。

 

私のような初心者が選んで間違いないのは、やはり実績のある大手です。

それ以外は、ある程度自分自身にスキルが出来てから、試してみるのも有りかとは思いますが、何事も最初は王道が肝要です。

 

実際に検証してみた結果

私のようにプログラミングやライティング等WEBに関するスキルがない者は、このクラウドソーシングに登録して、自宅でパソコンを使い空いた時間にチョット仕事してという感覚で、月に10万円の収入を稼ごうと思っても、まず不可能だと断言できます。

不眠不休でやるのなら可能かもしれません。

収入は個人の仕事量とスキルに比例します。

初心者は頑張って仕事をしても10,000円~30,000円位だと思って取り組んでください。

過度な期待は禁物です。

逆に初心者や誰でもが高額報酬が貰えるようなサイトであれば、詐欺を疑いましょう。

しかし、このクラウドソーシングで月に10万や20万、それ以上の報酬を得ている人はたくさんいます。

ですが、これらはあくまでそれ相応のスキルのある方のお話です。

クラウドソーシング活用のヒント

一つヒントをご提供します。

クラウドソーシングという仕事が存在するということは、ご理解出来ましたよね?

ご自身にそのスキルがあるのであれば、自身がランサーと呼ばれるワーカーとして仕事を受注することも検討されても構いませんが、そうでなければ自身が仕事を受けるのではなく、発注すると言うことを考えることも出来ます。

具体的な例として、ブログの記事も依頼すれば必要な項目や内容を提案すれば、依頼を受けて書いてくれる方がいるという事です。

記事に限らずプログラムやデザインなど多岐にわたって、仕事を依頼することが可能となります。

自分にないものをこのクラウドソーシングを利用するという逆の発想も有効だと思いますよ。

 

  • この記事を書いた人

BEN

私がブログを始めた当初、いろいろわからなかったことなどを記録し記事にしたものがメインです。初心者の方向けにワードプレスの使い方やネットビジネスに関する情報を配信しています。ご活用いただければ幸いです。

-ネットビジネス

Copyright© ネットビジネス初心者向け情報 , 2019 All Rights Reserved.